ハードディスクが飛びました(>_<)

設定画面

一度撮影に出かけると、最低でも100枚程度は必ず撮影してきます。ワタシはJPEGとRAWの2種類のファイルを作っているため、撮影枚数が100枚だと、ファイルは倍の200枚作られます。RAWのファイルはとても大きいため、容量を食うのですが、それの回避措置として、また、バックアップも兼ねて、NASにデータを逃がしています。そのNASにトラブルが起きてしまい、データを見ることができなくなってしまいました。使っているNASが貧弱なため、こういったことが起きるのですが、置ける場所の関係で、なかなか大型のNASを入れることができません。このあたりは今後の課題となっていくと思います。

 

NASが飛んだ背景

ある日のことですが、突然ブレーカーが落ちました。はじめてのことでしたので、ちょっとビックリしました。落ちたのはベビーブレーカーではなく、メインのアンペアブレーカーです。いっぺんに多くの電気を使いすぎたため、こういったことが起きるのですが、そもそも我が家は夫婦ふたり暮らしなので、そんなに大きなアンペア数では契約していません。引っ越してきた当初は50アンペアで契約をしていましたが、基本料金がもったいないので、40アンペアに下げ、さらに、30アンペアに変更しました。それから10年以上経過し、はじめてバチンっとブレーカーが落ちました。おそらくですが、大きな電力を使うもの複数、同じタイミングで使ってしまったことが原因かと思います。我が家で使っているドライヤーが1500W、デシカント式の除湿機といいますか、衣類乾燥機、あと炊飯器とか、電子レンジとか、このあたりが合わさってしまうと、カンタンに30アンペアは超えてしまう計算になります。そんなわけで、はじめてブレーカーが落ち、なにが起こったかというと、Wi-FiルーターとNASの不良です。

 

とりあえずルーターを買う

ワタシ個人的な感想をいうと、ルーターはあまり関係がないといいますか、前もそうだったのですが、ルーターに「新しいファームウェアがあるよ」というサインが出ていたので、ファームをあげると、Wi-Fiルーターが動かなくなったということがかなりあります。前回の購入は約2年前。NETGEARのR6350というルーターを購入しました。2.4GHzと5GHzのふたつの周波数を使うことができたため、たぶんWi-Fi4対応のルータだと思います。NETGEARを使う前はなにを使っていたかというと、AppleのAirMacTimeCapsuleというハードディスクが内蔵されたルーターを使っていました。コレ、ハードディスク内蔵でいいじゃん?という声もあるのですが、DLNAサーバ機能を有しておらず、ミュージックサーバとして使うことがでいません。ハードディスクはNASのように振る舞いますが、機能がちょっと足りない部分がありまして、けっきょく、Macのバックアップと、下手な動画ファイルを収納してあります。ちなみにAirMacTimeCapsuleは2020年2月18日現在、販売を終了しています。たぶん、機能面に問題があり、さほど売れなかったのではないかと推察しています。Apple製品のため、デザインはとてもいいので残念ではあります。その前は、NETGEAR、その前はAtermだったと記憶しています。ルーターの買い替えの周期としては、2年おきくらいで、どの場合も、ファームをあげると挙動がおかしくなるというのがあり、インターネットにつながらないと困ってしまうので、ルーターを交換しています。今回はブレーカーが落ちて、再起動させてみたところ、ファームのアプデがきていたので、新しいファームを当てたところ、Wi-Fiルーターにつながりにくいといいますか、インターネットに出て行きにくくなりました。ONUを見ると、ふだんピカピカ点滅しているランプが点灯したままで、ルーターがアクティブになっていなさそうなので、ルーターを再起動し、つながってしばらくすると、また、インターネットにつながらないような状況を繰り返してしましたので、しかたなく、ルーターは買いました。今回購入したルーターはWi-Fi6対応のルーターです。出始めということもあり、値段はけっこう高いのですが、スピードアップと安定性の向上というのがあり、Wi-Fi6対応のルーターをチョイスしました。候補はいくつかありました。NECのAterm PA-WX6000HP、バッファローのWXR5950AX12、TP-LINKのArcher AX6000。なお、今回NETGEARが壊れたので、NETGEARは除外しました。

 

 

 

ワタシのうちはマンションです。NTTのBフレッツを使っていますが、どのスペックのものが引き込まれているのかは、確認する必要があります。管理人さんに聞いても、たぶんよくわからないでしょうし、管理会社もISP任せのところがあったりするので、NTTに直接問い合わせてきいてみたところ、「Bフレッツは100Mbpsのものしか引き込まれていない」ということで、高価なWi-Fi6ルーターを購入しても、その性能を十分に発揮できないことが判明したので、R6350に形や大きさが似ているTP-LINKのAX3000 Archer AX50という検討していたArcher AX6000の廉価版のようなスペックのものを購入しました。

上位のモデルとは形もだいぶ違いますし、理論スピードもAX6000の半分しか出ませんので、値段の安いWi-Fi4のルーターでもよかったのかもしれませんが、新しい物好きのワタシは、とりあえず、Wi-Fi6ルーターを購入することにしました。Archer AX50はギガビットイーサネットに対応しているので、CAT8のLANケーブルも3本用意しました。

ルーター比較

繰り返しになりますが、TP-LINKのArcher AX3000 Archer AX50はNETGEARのR6350とサイズ的にも同じくらいなので、置く場所に困らない問いといいますか、収まりがいいということもあっての選択でした。ワタシの中では大本命のAterm PA-WX6000HPは2020年1月半ばの段階では販売前ということもあり、販売開始まで待てないというのもあっての決断でした。ちなみにマンション側にはBフレッツの増強工事を嘆願しています。セットアップしてブラウザから確認したところ、NTTがいうように、100Mbpsしか出ていませんでした。

設定画面

 

バックアップの必要性

前置きが長くなりましたが、過電流などによる機械の不具合を担保するためには、バックアップが非常に重要であると痛感しています。加えて、UPSとかも必要なのではないかと考えています。

ワタシはAmazonPrimeの会員なので写真だけであれば、RAWファイルも含めて無尽蔵にバックアップをとることができます。

ただ、問題なのが、たまに作る動画ファイル。コレは写真としてはカウントされないため、AmazonPrimePhotosの容量を食います。無精なワタシがいけないのですが、一度、NASにデータを入れて、AmazonPrimePhotosにデータをあげるため、動画ファイルなど、写真に関係のないファイルでAmazonPrimePhotosの容量が5GBを超過してしまうと、バックアップが中断されてしまいます。NASの階層をもうちょっと考えて作っておけばよかったのですが、ワタシはキホン、日付と行った場所の組み合わせでフォルダを作り、それにまつわるファイルを一緒くたにして入れてしまっていたため、バックアップが思うように進んでおらず、キチンとバックアップできているのはおそらく10%に満たないのではないかと思っています。加えて、置く場所の問題から、NASはバッファローのLS410DというシングルベイのNASを使っているため、ハードディスクが飛んでしまうと、その場で終了ということになってしまいます。やはりNASを買うのであれば、キチンとRAIDの組めるものを購入しないといけないなーと痛感している次第です。NAS置き場の候補としては、固定電話が置いてある場所なのですが、FAX付きの固定電話が大きく面積を取ってしまっており、ほかに置く場所がありません。なので、とりあえず、固定電話をなんとかして、スペースをあける作戦で行こうかと思っています。

データが戻せるかどうか、一度NASを分解してみるか、USB-LANポートを買ってきて、直接MacかWindowsにつないで復旧できるか確認しないといけないと思っています。

ただでさえ、ブログを上げる頻度が少ないのに、写真がないと、さらにブログがおざなりになってしまうので、このあたりは速やかに対処したいところです。NASもいくつか候補があります。SynologyのDiskStationシリーズとかQNAPの2ベイのもの、バッファローのリンクステーションの2ベイのもの。このあたりが候補となってくるかと思います。

 

さいごに

せっかくため込んでいたファイルにアクセスができなくなるのは、かなり痛いところですし、今後は少し運用の方法も考えて、構築をしていかないといけなおと思っているところです。裸族のハードディスクコピーなどを使い、なおせればイチバンいいのですが、最悪なにもできなくなる可能性すらありますので、NASのランプがピカピカしている最中に対処できればしたいと思っています。LS410Dはいま、電源を抜いた状態で、放置してありますので、ちょっと時間があるときに、作業をしていきたいと思います。裸族でコピーを作るなら、ハードディスクも買ってこないといけないので、ハードディスク探しも含めて、壊さない程度にちょっといじってみたいと思います。バッファローに確認したところ、ハードディスクの復旧費用に3万円くらいはかかり、復旧できるかどうかもわからないということでしたので、自分でできるだけのことはやってみたいと思います。みなさまも、データの消失にはご注意ください。かなりの喪失感がありますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。