絶景撮影スポット|明野のひまわり畑を撮る

ひまわり広角01

山梨県北杜市明野のひまわり畑では夏休みの期間中、サンフラワーフェスというのが開催されており、背丈ほどのひまわりが一面に咲き誇ります。その数は60万本ということで、とても見応えがあります。ひまわりアートも開催されていたようで、どんな画がひまわりで描かれたのか、ちょっと興味があります。インスタグラムでちょっと調べてみたのですが、見当たらず。たぶん調べ方が悪かったのだと思いますので、見つけたら、この記事に貼り付けたいと思います。2019年は7月20日から8月18日までということで、ワタシが訪れたタイミングではサンフラワーフェスは終了していましたが、ひまわりは刈り取られておらず、キレイなひまわりを撮影することができました。

 

 

明野のひまわり畑へのアクセス

23区内山手線内側に住むワタシの場合、公共の交通機関を使って行こうとすると、かなり大変で、新宿からJR中央線というか、あずさに乗り、韮崎駅で下車。韮崎駅からバスに乗り、浅尾新田下というバス停で降りて37分くらい歩くということでした。重たい荷物を担いで徒歩37分はけっこう大変そうです。撮影機材が収納できるキャリーケースが必要になりそうですね。今回は義理の兄にクルマを出してもらったので、中央高速を使いラクチンで行くことができましたが、クルマどころか免許すら持っていないワタシが自力で行こうとした場合は、ちょっと大変そうです。イベント期間中は少しバスの便を多くしていただけたりすると、助かるなーと思いました。せっかくの観光資源ですので、有効に使えるといいですね。行政関係の方がこの記事を見つけてくださることを期待したいと思います。

 

 

ちょっと失敗だった件

ひまわり畑はかなり広大で、今回は手持ちで撮影したのですが、構図を決めて撮影するのには三脚があったほうがよかったと思いました。クルマに戻れば三脚はあったのですが、クルマに戻るのが面倒で、三脚を取りに行かなかったのは、うちに戻って大きなディスプレイで確認したときに失敗したーと思ったところでした。ワタシの場合、いったん撮影をはじめると、ノリで撮影をつづけてしまうという悪いクセがあるため、撮影を中座することができず、いつも同じような失敗を繰り返しています。このあたりは真剣に反省し、三脚が使えるシチュエーションでは億劫がらずに三脚を使うというふうにしていきたいと思っています。

ひまわり広角05

 

 

ひまわりを撮ってみる

上述のとおり、三脚は使わず、手持ちで撮影しています。広大な敷地にひまわりが咲いているので、広角レンズが有用だと考え、シグマの14mm F1.8 DG HSMを用いて撮影しました。

ひまわり広角01

アイレベルで撮影しましたが、ちょっと失敗だったですね。腰を落として、少しあおり気味で空を多くするとよかったかと思います。ちなみにこの日はちょっと曇りがちで水っぽい空模様でしたが、雨が降ることもなく、撮影には悪くない状況でした。

太陽光芒

ひまわり広角06

 

設定方法

  1. 絞り優先オート、オートフォーカス、手ブレ補正オン
  2. ISO100、ISO感度自動制御オン、感度上限制御6400
  3. F13とか
一眼レフカメラなので、設定はマニュアルモードでという方もいらっしゃると思いますが、ワタシはシンプルに絞り優先オートで撮影しています。絞りをコントロールすることにより、手前から奥までピントを合わせたり、ピント付近以外をボカしたりすることができます。手前から奥までしっかりピントがほしいときはF値の大きくし、ピント付近を合焦させ、周りをボカしたいときはF値を小さな値にすれば被写体を浮きだたせた写真を撮ることができます。ワタシがマニュアルモードを使うシーンというのはわりと限られていて、ふだんの撮影では絞り優先オートで十分に対応が可能なため、9割がた絞り優先オートで撮影しています。ひまわりに限らず、お花を撮影する場合、少しプラス補正して撮影するとホワンとした柔らかな写真になります。今回はしっかり合わせたかったので露出補正はしていませんが、前景にひまわりをガッチリ入れて、手前ボケをさせたりする場合は、ほわんとした写真のほうがよく見えると思います。

ひまわり広角03

 

 

標準ズームレンズでも撮ってみる

タムロンの大三元レンズSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2も持っていたので、レンズ交換をして撮影してみました。シグマの14mmと比べると画角が狭くなりますが、標準ズームレンズですので、24mmから70mmの間で、いろいろな撮影ができるので、いろいろと考えながら撮影をすることができ、楽しく撮影することができます。

ひまわり縦位置

ひまわり標準04

ひまわり標準01

 

 

さいごに

サンフラワーフェスには間に合いませんでしたが、まだまだ、ひまわりはキレイに咲いていました。レジャーシートとかがあれば、もっと腰を落ち着けてじっくり撮影もできたのだと思います。

また、露店などがあれば、なにか買ったり一杯やったりすることもできたかなーとも思いました。いちおうサーモスのクーラーバッグにビールなどを入れ保冷剤でサンドイッチして持っていってはいたのですが、時間的な制約もあったりするものですから、現場でいっぱいやりながらゆっくり撮影とはなりませんでした。

この日は明野のひまわりを含め4現場を回る強行遠征でしたので、次回訪れるときは晴れの日で、山々がキレイに見えるときがいいですね。夕暮れどきもいいと思いますので、時間を作って再度訪れたいと思います。みなさまもぜひ、足を運んでみて下さい。きっとステキな風景に出会えますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。