尾白川渓谷で滝を撮る

渓流の流れ

尾白川(おじらがわ)は山梨県北杜市を流れるキレイな川で、白州・尾白川として名水百選に選定されています。渓谷に入る手前には道の駅「はくしゅう」があり、名水をくむことができます。

 

 

尾白川渓谷

尾白川の上流部分には尾白川渓谷があり、いくつかの滝が存在します。渓流の上には吊り橋があり、大塚製薬の「オロナミンC」やサントリーの「南アルプスの天然水」のテレビコマーシャルのロケ地としても広く知られています。今回は、尾白川渓谷の滝を撮影してみましたが、肝心の看板を取り忘れており、滝の名前がわからないという、凡ミスをしてしまいました。スミマセン。

 

 

尾白川渓谷へのアクセス

尾白川渓谷へはクルマがあると非常に容易ですが、公共の交通機関を使っていこうとすると、けっこう大変だったりします。気になったので、ちょっと調べてみたのですが、路線バスなどはなさそうで、JR中央本線の小淵沢駅か長坂駅からタクシーということになるのでしょうか?ウィキペディアでは長坂駅からタクシー25分との記載がありましたが、地図を見る限り、かなり遠そうな印象を持ちました。今回は義理の兄にクルマを出してもらい、中央道を韮崎インターチェンジで降りて、下道をしばらく走りました。地図を見ると須玉インターチェンジか小淵沢インターチェンジが最寄りのインターチェンジのようですが、この日は別の現場も撮影しているので、今回は韮崎インターチェンジから尾白川渓谷へ入りました。途中、道の駅はくしゅうで昼食を済ませてから行ったので、もしかすると、下道を走っている時間はけっこうあったのかもしれませんが、撮影がてらということで、さほど気にもなりませんでした。駐車場から有名な吊り橋まで数分歩きました。

尾白川渓谷吊り橋

 

 

滝の撮り方

滝の流れを白糸のように撮ると、キレイといいますか、おぉ、見たことある!というかんじの写真になります。

渓流の流れ

その白糸のような写真にするためにいくつかの道具が必要になります。

  1. NDフィルター
  2. 三脚
  3. レリーズ
滝を白糸のように撮るにはシャッタースピードを遅くする必要があります。日中の撮影でシャッタースピードを遅くするにはNDフィルターが必要で、ブレを防ぐために三脚が必要となります。レリーズはあったほうが便利というレベルのものですので、あってもなくても、どちらでも大丈夫です。シャッターはどれくらい遅くするといいかという話ですが、まあ、5秒くらいで大丈夫だと思います。NDフィルターは8くらいで大丈夫だと思います。渓流ですので、足下が滑りやすく、岩の上を歩いたり、川の流れがよく見えるように、冷たい水の中に入ってみたりするものですから、沢登り用の靴なども用意されるとよろしいかと思います。ビーチサンダルなど、不安定なものだと、石の上や川の中で滑ったりすることもあるので、キチンとした靴があるといいですね。

KenkoのND8

 

マンフロットの三脚190(雲台別売り)

 

KEENのサンダル

 

吐竜の滝01 川俣川渓谷で吐竜の滝を撮る

 

 

 

設定方法

今回ワタシはND64という比較的暗いNDフィルターを持っていったため、必然的にシャッタースピードが長くなってしまったのですが、考え方は変わりませんので、今回のワタシの設定を書きます。

  1. マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ブレ補正オフ
  2. ISO64、F13とか
  3. シャッタースピードは露出計を見てプラスマイナスゼロになるように調節
NDフィルターが暗いため、かなり長い時間のシャッターになる場合もあります。あまりにもマイナスでない限り、マイナスのままでもわりと撮れてしまったりするので、ちょっとくらいのマイナスなら、気にせず撮影して大丈夫です。気になる方はISO感度を200とかまであげてみるとか、そういった対応でもいいと思います。ISO感度はキホン100にしますが、今回はニコンのD850を使用して撮影したので、ISO感度を64まで減感して撮影しました。レンズはタムロンのSP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2という標準ズームの大三元レンズを用いて撮影しましたが、非常にいい出来で、大変満足しています。タムロンのSP24-70mm F2.8 Di VC USD G2はD850で撮影したときに、解放値付近で撮影すると、周辺減光がちょっと気になりますが、今回のようにしっかり絞って撮影していれば、ぜんぜん問題ありません。

KenkoのLotus ND64

 

ニコンD850

 

タムロンSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2

 

 

 

 

撮ってみる

上述の通り、5秒くらいのシャッタースピードを確保できれば、川の流れや滝は白糸のようになります。暗めのNDフィルターをつけているので、ファインダーをのぞいても、あまりよくわからず。足下に気をつけながら、とりあえず撮ってみることにしました。

清流のせせらぎ

日中の撮影ですので、ピントはオートで合います。カメラの三脚を据えて、構図を決めたら、オートフォーカスでピントを合わせ、マニュアルフォーカスに切り替えると、ラクにピントを合わせることができます。

ご注意
ニコンの多くのデジタル一眼レフカメラにはフォーカスモードセレクターというレバーがついています。ワタシの知る限りでは、3000番台と5000番台以外のカメラにはフォーカスモードセレクターがついていると思います。

フォーカスモードセレクター

フルサイズミラーレスカメラZシリーズにもついていないようですが、触ったことがないので未確認です。マニュアルフォーカスで撮影する場合、フォーカスモードセレクターも「M」にする必要があります。ワタシも忘れがちだったりするのですが、この切り替えをキチンとしないと、故障の原因となるようですので、オートフォーカス時にはAFに、マニュアルフォーカス時にはMにフォーカスモードセレクターを切り替えをお忘れなく。

あまり変わりませんが、F11とF13で比較してみました。

F11F13

F8とF22とかで比較するとわかりやすかったのかもしれませんが、F11とF13でも明るさに違いがあることはわかっていただけるかと思います。

奥に滝があるのですが、重たい機材を持ち、そこまで歩くのが困難だと判断し、テレ端で撮影したものをフォトショップでクロップしました。

滝

クロップ

滝クロップ

 

 

さいごに

状況によっては川の中に三脚を立てて撮影したりすることもありますので、帰宅したら三脚をキチンと拭いたりしないと、さびついてしまう恐れもありますので、メンテナンスはキチンとしましょう。渓流の水は冷たく、気持ちいいというよりは寒いかんじすらするかもしれませんので、川から上がったら、足も拭いてキチンとつくに履き替えたほうがいいと思います。また、雨が降った場合、一気に水かさが増す場合がありますので、雨降りの日の撮影はしないほうがいいと思います。よく晴れた日がはやり、撮影日和ということですね。秋もキレイそうなので、今度は紅葉と滝という組み合わせで撮影してみたいですね。みなさまもぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。マイナスイオンを浴びて、リラックスしながら撮影することができますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。